空飛ぶITコンサルタント

企業内診断士のヨシダが「AI」「パン」「働き方」について語ります

冬道のバイクは周りが不安になるから勘弁してほしい

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

本当に勘弁してください

2020/1/4、札幌へ自家用車でUターン中、江別あたりで視界50m以下の暴風雪。ホワイトアウトとはこの事。これはきついなーとスピードを緩めた時に、隣から猛スピードで駆け抜けたのは二輪バイク、ゲッ!こんな天気で平気で走っているんじゃないよマジで。

リスクしかない圧雪アイスバーンの2輪走行

事実先日、悪い意味でうぉぉぉってなりますから本当に勘弁してください。

 4つ接地面がある通常の自動車でもあれだけ滑っているのに、接地面が少ない2輪はどれだけ危ないでしょうか。ん?車重が違うから滑らないって?もう1つ言い訳出来ないリスクが。寒い、本当に。先日なんてマイナス10度だから、時速50kmで走っていたら体感温度はその倍、ライダーのコンディションに影響があるから危ないのです。

 

スパイクタイヤも法律規制がある

ja.wikipedia.org

この法律によって、積雪また凍結の状態にある場合はスパイクタイヤ使用が認められるが、それ以外の場合はセメント・コンクリート舗装またはアスファルト・コンクリート舗装が施されている道路での使用は原則禁止された。逆に言えば、指定された地域以外の場所や舗装されていない道路については、積雪していなくてもスパイクタイヤの公道走行は禁止されていないことになる。

一部では「スパイクタイヤを履けば」みたいな意見もあるのですが、 雪のない地域からスパイクタイヤを履いて北海道に向かうのは論外、ガチ違法です。

また、北海道といえども圧雪していない場所でのスパイクタイヤでの走行、そもそも125ccより排気量の大きい二輪、四輪車は以下の場合を除いて違法です。

特別にスパイクタイヤの使用が許可される自動車

1.緊急自動車

2.公安委員会に届けられた除雪車

3.道路運送車両法の適用除外の自衛隊車両

4.災害時の緊急輸送車両

5.身体障害者手帳、戦傷病者手帳を持つものが運転する自動車

 

冬道をナメないでください

この人は道交法違反にもお怒りですが、走行中の体感温度とか、本人のことはあまり私達は気にしません。周りが迷惑なだけです。

公道じゃなければ自由にどうぞ

元旦の宗谷岬なんて風が非常に強く、道内の人間だって行きたくない極所です。そんなところにわざわざ来た頂いているのは本当にありがたいのですが、圧雪じゃないときに来てください。

雪の田んぼ道でコケて重症になるのは個人の勝手ですが、公道、特に国道は本当に駄目です。その後ろから道民が慎重な運転で走って来ている事をお忘れなく。できれば雪がふらない太平洋側の温暖なところに冬はツーリングして頂いて、夏は北海道におこしください。

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村