空飛ぶITコンサルタント

企業内診断士のヨシダが「AI」「パン」「働き方」について語ります

パン屋かわら版(12月1日号外)「ぱんや徳之助」特集!

「パン屋かわら版」はパンが好きな方、パンを作る職人さん向けに、パンのトレンドを情報発信するかわら版です。

追記:「ぱんや徳之助」さんのSNSの噂をまとめました!

yoshidaagri.hatenablog.com

1.号外:「ぱんや徳之助」

「ぱんや徳之助」さんは新潟市西区新通南にある新しいパン屋さん。 2018年12月オープンの予定と伺っていますが、11月下旬にプレオープンしていた模様です。 プレオープンに運良く行けた方々のTweetは下の「4.巷のみなさんの反応」で紹介いたします。

 2.ぱんや徳之助さんの地図と「商圏分析」

新「ぱんや徳之助」さんは新潟市新潟大学に近いところに位置しています。今後も若い胃袋が確保できる地域といえそうです。

さて、今回はRESASというシステムを使って「ぱんや徳之助」さんの簡単な商圏分析をします。 ここでは「世帯数がXだから来店顧客はY」など小難しいことは脇においておき、将来性の側面に絞ってみてみましょう。

下の人口マップは「人口増加傾向メッシュ」です。増加傾向の場合暖色、赤色に近くなり、減少傾向は寒色、青色に近くなります。

「ぱんや徳之助」さんがオープンした場所は、隣接する7地域も含めると人口増加5区画、人口減少2区画。比較的人口増加傾向の地区が多く、将来に渡って来店客数が期待できそうな地域だと判明しました。

f:id:yoshidaagri:20181201070354p:plain

人口増加メッシュ分析結果は「良好」

4.巷のみなさんの反応 

その1

11月26日のツイートでプレオープンを確認。外観から見る限り大型のパン屋さんですよね。イートイン惣菜パンの売れ行きも期待できそうです。

 

その2

「ぱんや徳之助」さんの期待値の高さが伺えるツイートです。

その3

これは残念。「ばんや = 番屋」だと漁師小屋に見えちゃいます。浜から離れていますから不思議物件っぽいとツイート主が思うのも仕方ないですねー

 

その4

こちらのツイート主は「ぱんや徳之助」さんが「富士屋」さん系列という情報を掴んでいた様子。情報通ですね。

確かに西区から中央区に富士屋さんのパンを買いにくのは、気軽な距離ではありません。これは嬉しい!

 

以上です!