空飛ぶITコンサルタント

企業内診断士のヨシダが「AI」「パン」「働き方」について語ります

土曜日は食の話題

ヨシダです。

本日は近所にあるうどん屋さんに行って参りました。
北海道はそれほど、うどんの消費が多い訳ではないですが、やはり名店はちらほら存在します。
その名店の1つが三角山五右衛門というお店です。

注文したのは角煮定食温うどん付きです。
海老天は妻に、角煮1つと交換条件で貰いました。
二人で行くと、いろいろと楽しめてよいですね。


今週他に気づいたことは、北海道はイチゴの統計の粒度が荒くて、
市町村毎の生産高統計が無い、もしくは私には見つけれませんでした。
Webでは当然無く、札幌中央図書館に行って郷土資料コーナーに行ってもありませんでした。
確かに日本の中でも生産高は1%とわずかなので軽視されているのかも知れませんが、
夏イチゴの不足が叫ばれて久しい今日において、涼しい気候を生かしたイチゴ供給地として北海道はふさわしいと思うのですがね。
イチゴは単価もさくらんぼに次いで高い作物ですしね。


今後、農業のあり方が変動の時を迎えますが、都市近郊農業は品種変換を積極的に行っていくべきですね。
適地適作ですね。


ではでは。