空飛ぶITコンサルタント

企業内診断士のヨシダが「AI」「パン」「働き方」について語ります

円山韜リターンズ その007 「lavi円山」

ヨシダです。
円山韜リターンズ その007は裏参道の「lavi円山」です。









lavi円山になる前、この建物は知人のつてがあるカフェで何回が来店していましたので
まずはレイアウトの変更に驚きました。前のカフェは店真中に調理スペースがあり、その周りに客席がありましたが、lavi円山は厨房を店奥に下げて、店内は広々としていました。
ヨシダが来店した時はお昼時ということもあって老若男女、結構混んでいる状態でした。
何とか座れましたが、後からきた方が「8名大丈夫?」という始末。


メニューは大変見やすいです。。
私がオーダーしたのは「laviスペシャル(1,400円)」でして、
チキンレッグ・豚角煮・ラビオリ・じゃがいも・にんじん・ピーマン・かぼちゃ・ブロッコリー・いんげん・なす・うずら・えんどうと
なんでもございのまさにスペシャルですね。他に「エゾシカ野菜カレー」など珍しいスープカレーも有るようです。


辛さを控えた事もあって、素材の味がよく味わう事が出来ました。もちろんスプーンでチキンはほぐれてOK
お昼はドリンクサービスなのでラッシーを注文です。


では失礼します。


以上、20ヶ月前に来店した際の記事です。
lavi円山はテイクアウトが出来ますので、ちょくちょく買いに行っていました。
店の中で食べるのは久々ですね。

今回注文したのは豚野菜にあさりスープとlaviフランクをトッピングとして追加しました。
カレーの中にはニンジンピーマンかぼちゃインゲンナス
ジャガイモあさり道内産鳥ソーセージ豚角煮ブロッコリーが入った
豪勢なカレーです。

真狩のハーブ豚を使用しているとの事ですので、気になって調べてみますと、
どうやら飼料に4種類のハーブ(オレガノ・シナモン・ナツメグ・ジンジャー)を混合した餌を食べた真狩の特産品のようです。

印南ファームが最初に作り始めたようで、去年の秋時点で、印南ファーム以外では作っていないとの話も聞きます。
lavi円山も印南ファーム産のハーブ豚を使用しているようですね。
特徴は脂肪分があっさりしており、豚特有の臭いも少なく、善玉脂肪酸のオレイン酸が比較的多く含まれているようです。
第二鳥居前のフレンチレストラン「モリエール」でも使用しているみたいですね。
実際の食感も白身があっさりしていて、舌触りも比較的さらっとして良い感じです。


最近はこだわり素材メニューに知識欲が沸くヨシダでした。
では失礼します。


公共交通機関でのアクセス----------------------------------
地下鉄「西18丁目」1番出口から裏参道へ向かい、しばらく歩くと右手にあります
「ベーカリーpao(パオン)」、「炭焼きハンバーグレストラン 竃」の次に見えてきます。

                                                                                                                • -


o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o
「lavi MARUYAMA (らび円山)」

住所:   札幌市中央区南1条西21丁目2-7(裏参道南向き)
営業時間:  11:30〜22:30 (L.O/22:00)
TEL:    011 - 640 - 5588
お休み: 不定休
駐車場: 5台(店の前に2台、離れに3台分)。
ホームページ:http://www.011bros.com/lavi/index.htm
o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o-----o