空飛ぶITコンサルタント

企業内診断士のヨシダが「AI」「パン」「働き方」について語ります

講義が終了!

ヨシダです。


本日で3日間続いた「ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター」講座も終了です。
32名の受講生の方、お疲れさまです。


受講生の方々は、短期間で8枚の「ベジフルカルテ」なるものを提出する義務(?)がありますので、
皆さん今頃は、品種やレシピに頭を悩ませていることでしょう。
私が一番悩んでいるのですけどねw



さて、私がベジフルマイスターを目指すキッカケになった本がこちらです。
たまたま本屋で見かけて、「これいいかも」と思ったのが動機ですw


でもいろいろ考えてみますと、野菜と果物全般の知識を身につけれる事は、
・自分や周りのの食生活の見直し(正しい食生活の知識を身につけたい)
・実家の営農への手助け
・将来、地元地域農業の振興、食育を展開するため(話が大きすぎますね...反省)
などなどプラスに働く事が想像できました。


また、地元では大学に上がった頃から、
「人を連れて行くのに恥ずかしくないように、引き出しを沢山持とう!」と不純(?)な動機から食べ歩きを開始していましたが、
料理に使われている素材や調理法には注目せず、「美味しい、美味しくない」の思い込みだけで今までやってきました。
自分の食の常識を見つめ直し、多面的に料理とお店を見れるようなスキルを身につけるのにも良い機会でした。


乱文散文になってしまいましたが、
今日はこの辺で失礼します。ベジフルカルテ書かなきゃ...